安芸・広島城

晩秋ですね。寒くなりました。
では、少しアキらしい写真を。
夏の旅行から、広島城です。
広島城は、まずは中国地方の雄、毛利家の本拠として建設されました。
その後、関ヶ原の戦いで西軍総大将であった毛利家は大幅に領地を失い、代わりに福島正則が入城。
201008_IMG_5350.jpg
福島は、もともと豊臣秀吉にかわいがられて出世した武将です。
関ヶ原では家康に率先して従い大きな功績がありましたが、これは家康のためではなく、石田三成を倒すのが目的だったのでしょう。
201008_IMG_5343.jpg
関ヶ原の後も家康のために働きますが、豊臣家を立てるような言動もあって、幕府からは警戒の目をもって見られていました。
結局、ささいなことがきっかけで、広島(安芸・備後)の領地すべてを没収されてしまうのです。
201008_IMG_5386.jpg
福島の後は、広島城には浅野家が入り幕末まで存続します。
しかし、残念ながら先の大戦にて原爆により倒壊。
201008_IMG_5378.jpg
戦後、天守閣が再建され、その他の建物もいくつか復元されています。
こちらは、木造で復元された平櫓〜多聞櫓の中です。
201008_IMG_5355.jpg
天守閣からの眺め。