東武ワールドスクウェア #3

続いてアジア。

まずは中国。
天壇という、明の永楽帝が建立した、天を祭る儀式を執り行う場所。
201209_50D_4212.jpg

言わずと知れた、万里の長城。
201209_50D_4221.jpg
崩れかけたところにいるのは、三蔵法師の御一行。
隠れキャラです。
201209_50D_4226.jpg
こちらは台湾。
高雄にある竜虎塔という建物で、二つの塔はつながっています。
竜の口から入って虎の口から出てくると、ご利益があるそうですよ。
201209_50D_4210.jpg
ミャンマーのアーナンダ寺院。
園内を一巡すると、世界にはさまざまな建築様式があるのが分かります。

東武ワールドスクウェア #4

最後に、日本の歴史的建築物をご紹介。
こちらは、加藤清正が築いた名城、熊本城の天守。
201209_50D_4242.jpg
近年、本丸御殿(実際に殿様が生活した屋敷)が復元され公開されていますので、一度観に行きたいところです。
201209_50D_4230.jpg
続いて京都、二条城・二の丸御殿。
大政奉還が行われた場所としても知られています。
こちらは有名な清水の舞台。
201209_50D_4234.jpg

ところかわって北海道。
札幌農学校演武場、現在の札幌市時計台です。
201209_50D_4250.jpg
いまはビルに囲まれてしまっていますが、可愛らしい建物で、街のシンボルとして愛されているのもうなずけます。

以上、4回にわたってお届けしましたが、これらは展示のごく一部だけです。
しつこいようですが、鳴門の大塚国際美術館と、ここ日光の東武ワールドスクウェアは行く価値アリです。
ぜひどうぞ。