乗り鉄 ’15-16冬 #5 北上線

日も暮れた横手駅に到着。
外は静かな雪。
横手駅
横手駅
もともと、冬の「かまくら」のイメージが強かった横手ですが、昨今のB級グルメブームの中で、焼きそばでも有名になりました。
今日は、北上線で岩手県の北上まで乗って旅程終了。

早く寝て、早く起きます。

北上駅
朝の北上駅。
キーンと冷えます。
北上線
北上線で、再度横手へ。
昨日は真っ暗の車窓でしたが、今日は真っ白。
北上線
横手に戻ってきました。
横手駅
さすが豪雪地帯、雪は昨日より強くなっていますね。
列車が加速すると、雪が舞い上がります。

横手から、奥羽本線で山形県の新庄まで南下してきました。

新庄駅
新庄駅
あとは、さらに南下し、仙山線で仙台へ出て、一杯やって、新幹線で東京へ!
ひたすら乗り続ける旅でしたが、未乗区間をかなり攻略できて満足です。
201601_iP6s_2620
仙台駅にて、生カキと日本酒!

春の東京散歩 ’16 浜離宮

2月も後半に入り、春を感じられる日も増えてきました。
そんな中、花と高層ビル群のコントラストが楽しい、浜離宮庭園を散歩。
浜離宮
浜離宮
浜離宮は、隅田川河口(つまり、ほぼ海)に面する庭園で、水を引き込んだ池には魚も入り込んできます。
浜離宮
ここは、もともとは、江戸幕府4代将軍家綱(いえつな)の弟であり、甲府藩主であった徳川綱重(つなしげ)の下屋敷でした。
その後、綱重の子綱豊が6代将軍家宣(いえのぶ)として将軍家入りしたため、この屋敷も将軍家の別邸に。
浜離宮
さらに、江戸時代から明治時代にかけて順次開発が行われ今のような姿になり、戦後に都立公園として一般開放されました。
浜離宮
今は、菜の花が満開です。
浜離宮
ちょっと都心部とは思えないような景色を楽しめます。