京都さくら日和 ’16 #1 哲学の道

今年も、さくらの京都へ。
ただし、期待していた4月最初の週末、咲き具合はまだ7-8分で、天候はどんより。
それでも、たくさん歩いてきました!
金戒光明寺
写真は金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)からスタート。
幕末に、京都守護職の松平容保が陣地としたことでも有名なお寺。

境内を奥へ抜けていくと、紅葉どころとしても有名な真如堂(しんにょどう)です。

真如堂
真如堂の三重塔を背景に一枚。

小高い丘になっている真如堂から下に降りていくと、白川通に出ます。
ここでちょっとだけ晴れ間が

白川
京都の街は、川沿いによく桜が植えられていますね。
交通量の多い白川通を渡って、さらに東山のふもとまでくると、そこが「哲学の道」です。
哲学の道
琵琶湖疏水の分流沿いに、桜の並木。
哲学の道
哲学の道
途中には、カフェや土産物屋も並びます。

京都さくら日和 ’16 #2 岡崎ほか

植物園の西側、高野川沿いには、半木の道(なからぎのみち)という紅枝垂の遊歩道があります。
ベニシダレ
とはいえ、ピークはまだまだ。
少しだけ、かわいい花が咲いていました。
高瀬川
街に戻って、高瀬川。

さらに、てくてくと、鴨川を渡って岡崎方面へ。

琵琶湖疏水
琵琶湖疏水の水力発電所から放流中。
住宅街の真ん中にあって、大正時代からずっと現役の施設です。
平安神宮
平安神宮の、左近の桜。
大変混雑しております。
岡崎
京都の川には、やはり桜。