「愛知県」カテゴリーアーカイブ

三河・岡崎城

三河の名城、岡崎城。
すなわち、徳川家康のふるさとたる城ですね。
天守はいったん破却されましたが、昭和になって再建されました。
家康はこの城で産まれましたが、やがて織田ついで今川の人質になり、少年から青春時代を過ごします。
201301_50D_5116.jpg
1560年、今川義元が桶狭間で破れた際に、岡崎城を取り戻し独立。
201301_50D_5126.jpg
その後、嫡男の信康、次いで譜代の家臣が入城。
201301_50D_5131.jpg
家康が関東に国替えになると、豊臣系大名の田中吉政が入り、城や城下町を拡張。
東海道を岡崎の街の中心を通るようにルート変更も実施。
いまでも、国道1号線は岡崎城のすぐそばを走っています。
201301_50D_5130.jpg
家康の天下統一後は、名誉ある城として、譜代重臣が城主を務めました。
201301_50D_5136.jpg
こちらは併設の資料館。
動く関ヶ原の展示は、なかなか見応えがありました。
ウォーランドにもこれを置いてあげたい。

さて、城の近くに、徳川家の菩提寺である「大樹寺」があります。
桶狭間の戦いでは今川方であった家康(当時は松平元康)は、大将の今川義元が討たれたことで敗走するはめとなり、先祖の墓がある大樹寺へと逃走。
もはやこれまでと、墓前で自害しようとしたところ、住職に「厭離穢土 欣求浄土(おんりえど、ごんぐじょうど)、あなたが自らの力で平和な世の中をつくりなさい」と説得されます。
思いとどまった家康は、ここから人生再スタート。
まず岡崎城を取り戻し、天下統一への道を進んで行くこととなりました。
そして家康の旗印は、この「厭離穢土 欣求浄土」の八文字となります。
201301_50D_5141-Edit.jpg
なお、大樹寺の山門からは遠くに岡崎城の天守がみえます。
岡崎市ではこれをビスタラインと呼んでおり、この眺望をさえぎる建築物は建てないルールとなっています。

冬の三河湾・竹島

年末年始、みなさま如何お過ごしでしたでしょうか。
今回は曜日の並びがよく、当方もやや長めの休みをとることができましたが、お出かけはちょっとだけでした。
そんな、冬の三河湾。
快晴の、すがすがしい朝日。
201301_50D_5107.jpg

こちらは、蒲郡の竹島です。
橋で渡ることができる小さな島は、全体が神社になっています。
201301_50D_5057.jpg
201301_50D_5069.jpg
201301_50D_5084.jpg
竹島からみる対岸。
この特徴的な建物は、由緒あるホテルで、いまは蒲郡クラシックホテルという名で営業中。
東海道新幹線からも、ちょっとだけ見えます。