「三重県」カテゴリーアーカイブ

乗り鉄 ’14-15冬 #5 紀勢本線

2015年の正月明け、乗りつぶし強敵路線のひとつ、紀勢本線を制覇してきました。
和歌山市から紀伊半島をぐるっと回って三重県の亀山まで、途中一泊しての乗りつぶし旅です。

紀勢本線
この紀勢本線、期待したほど海は見えないのですが、一部ではこのように太平洋を望めます。
紀勢本線
こちらの奇岩は、串本駅そばの「橋杭岩」です。
紀勢本線
海の見える区間は、爽快!

新宮駅 キハ48
新宮(しんぐう)駅に到着。

ここ新宮駅を境に、JR西日本からJR東海の管轄になります。
JR東海色のキハ48が乗り入れていますね。

多気駅
多気駅で、参宮線に乗り換え。

参宮線は、伊勢神宮を経て鳥羽までを結ぶ路線。
このあたり、集客力は近鉄の方が優勢で、JRはローカル線の趣です。
参宮線
終点の鳥羽駅手前で、ちょっとだけ海際を通ります。

鳥羽では、駅前で海鮮ランチと赤福!

乗り鉄 ’14秋 関西本線

JR関西本線は、名古屋からJR難波までを結ぶ路線。
名古屋から亀山まではJR東海の管轄で、亀山からJR難波まではJR西日本の管轄となります。
現在の名古屋大阪間の鉄道輸送は、第一に新幹線、第二に近鉄特急、やや開いて第三に東海道線という順にメジャーであり、関西本線を通して利用する客はかなり少ないと思われます。
実際、途中は非電化の単線区間もあり、ローカル線の雰囲気。

亀山駅
名古屋から亀山までは、奥の列車で来ました。
ここからは、手前の青い1両のディーゼルカーで。

この先、加太(かぶと)から柘植(つげ)までは、「加太越え」と呼ばれる急勾配区間。
ディーゼルカーも、エンジンを唸らせながらの走行となります。
関西本線 加太越え
関西本線 加太越え
関西本線 加太越え
関西本線 加太越え
こちらは、昔スイッチバックの信号場だったところ。

加太越えは、蒸気機関車の時代、煙を噴き上げて登る姿を撮影する有名スポットだったようです。