「中国地方」カテゴリーアーカイブ

乗り鉄 ’07夏 三江線

2016年9月、ついに、三江線(さんこうせん)の廃止が現実化してしまいました。

三江線は、広島県の内陸部の中心都市である三次(みよし)と、島根県の海岸沿いの江津(ごうつ)を結ぶローカル路線で、ずっと江ノ川(ごうのかわ)という大きな川に沿って走ります。

この路線を完乗したのは、2007年の盆休み。
当時ちゃんと載せていなかったので、今回、個人的さよなら企画として。

このときは、前日に福山に入って投宿。
朝から福塩線で三次に出て、そこから三江線の旅。
1両のワンマン運行ディーゼルカー、定刻10:02、三次を出発です。

三江線
車窓には、ずっと江ノ川が。
三江線
こんな、民家のすぐ側を通っていきます。
三江線
石州瓦とよばれる、赤茶色の瓦屋根が目立ちます。
石州とは、石見(いわみ)の国のことで、いまの島根県の西半分のエリアです。
三江線
12:07、石見川本に到着。
この列車はここで終わり。
次の江津行き列車までは2時間弱あるので、ちょっと街を散歩。
川本町
「悠邑ふるさと会館」という、温水プールなども備えた立派な町営施設がありました。
ここで昼ご飯。

13:54、石見川本を出発。
日本海を目指します。

三江線
車窓の右手には、すっかり川幅の広くなった江ノ川。
三江線
次は、終点の江津です。
14:58、到着しました。

この後は、さらに乗り継いで、鳥取まで。

乗り鉄 ’14-15冬 #6 中国山地

この冬の乗りつぶし、中国山地の難関路線に挑んできました。
因美線 姫新線 芸備線
本数が少なく接続も悪いので、事前の計画策定が必須。
もし途中何かが起きて、遅延、運休などになってしまえば、ほとんどリカバリー不能。

因美線
ということで、朝もやの鳥取を出て、因美線の旅スタート。
因美線
因幡(いなば・現在の鳥取県東半分)と美作(みまさか・現在の岡山県北部)を結ぶ路線なので、因美線と名付けられています。
因美線
津山で姫新線に乗り換えて、新見へ。
新見 えびめし
新見の街で昼ごはん。
ショッピングセンター内の喫茶店で、えびめし。

さらに、芸備線で広島方面に進んでいきます。
山あいの農村には、雪が残っています。

芸備線

備後落合駅に到着しました。

備後落合駅
備後落合駅
昔は、山陽山陰を結ぶ中継地点としてにぎわっていた駅。
いまでは、日に数えるほどしか列車は来ず、駅前にはひとつの商店もなく、すっかり秘境のような寂しい駅となっています。

現在のダイヤでは、1日に1回だけ、このように三方向の列車が勢ぞろいするタイミングがあり、少しだけホームがにぎわいます。
といっても、この時期、ほぼ全員が18きっぷ客と思われますが・・。

初夏の長州萩 ’12 #3

201205_50D_2747.jpg
ここは鍵曲(かいまがり)といって、路地がクランク状になっています。
敵軍が真っ直ぐ突っ込んでこられないようにした、城下町ならではの造り。
萩城の跡です。
201205_50D_2779.jpg
海に突き出した小山の上に籠城用の砦を築き、手前に天守と御殿を配置。
いまは石垣と堀だけが残っています。
201205_50D_2798.jpg

萩は、関ヶ原の戦いの後、徳川氏によって領地を大削減された毛利氏が、新たに拠点とした場所。
そして、明治維新で活躍することになる若者たちが切磋琢磨した場所。
そんな見所たくさんの、萩博物館。
201205_50D_2764.jpg
201205_50D_2767.jpg
夏みかんソフトも美味しかった。