「九州地方」カテゴリーアーカイブ

夏の日南海岸 ’17 #1

JALのマイルが切れそうになったので、「どこかにマイル」というサービスを利用して、週末弾丸旅を敢行。
6000マイルと通常の半分程度のマイル消費で往復可能ながら、行き先は申込時に提示された4箇所から追って決定されるという、ちょっとしたミステリーツアーです。
今回は、帯広、山口宇部、熊本、宮崎という候補地が提示される中で申し込んだところ、数日後に、宮崎という通知がありました。

ということで、数年ぶりの宮崎へ。
ここのところ旅行先の天気に恵まれないことが多かったのですが、今回はばっちり晴れました。
空港でレンタカーを借りて、初日は日南方面に南下します。

nichinan coast
nichinan coast
「サンメッセ日南」にも行ってみました。
高台にあるので、晴れた日は眺望を楽しめます。
nichinan coast
nichinan coast
ここには7体のモアイ像が並んでいますが、なんと、世界で唯一、イースター島の長老会から公認を受けたレプリカなのです。
現地では部族間抗争等でほとんど倒されてしまったそうなのですが、いくつかの像の復興に日本の会社が社会貢献として協力した関係で、ここに公認レプリカが建てられることになったとのこと。
nichinan coast
現地イースター島では海を向いていますが、ここでは海をバックに、陸の方を向いています。
nichinan coast
日南海岸といえば、鬼の洗濯岩。
いたるところで、このような海岸の地形が見られます。

初夏の佐賀たび ’15 #2

佐賀たび、こちらは吉野ヶ里遺跡。
弥生時代の大規模な環濠集落跡です。
吉野ヶ里遺跡
平成に入ってから大々的に発掘・復元が進み、邪馬台国説も出るなど当時盛り上がりをみせたので、一度行ってみたいと思っていた場所。
吉野ヶ里遺跡

吉野ヶ里遺跡
真ん中手間のは、集会所。
さらに奥に見えているの背が高いのは、主祭殿。
吉野ヶ里遺跡
主祭殿の二階におじゃましました。
祭祀に際して、人々が整列しています。
吉野ヶ里遺跡
三階では、祖先の霊のお告げを聞く儀式の真っ最中。
お静かに。

吉野ヶ里遺跡
吉野ヶ里遺跡
甕棺(かめかん)と呼ばれる、素焼きの棺桶。
古代の埋葬方法です。

遺跡はかなり広大でした。
歩きやすい靴でどうぞ。