夏の下北半島 ’06 #1

この週末は、青森県は下北半島に出かけてきました。
本州の北の果てであります。

八戸まで新幹線、そこからはレンタカーで下北半島をぐるっと一回り。
尻屋崎、むつ市街、仏ケ浦、大間崎、下風呂温泉、恐山、釜臥山、そしてJR大湊線。
青い空と爽やかな空気に恵まれた、秋の訪れを感じながらの旅になりました。

まずは、海沿いを走る大湊線を。

大湊線
このあたりは、18きっぷのポスターにも使われた場所です。
大湊線
大湊線

さらに北上して、一気に尻屋崎(しりやざき)へ。

寒立馬
尻屋崎に棲む、寒立馬(かんだちめ)という野生の馬。
寒立馬
いまは夏ですが、冬もここで寒さに耐えて過ごします。
寒立馬

サンポート高松

JR高松駅から港周辺のエリアは最近再開発が行われ、
高層ビルや高級ホテルが並ぶようになりました。
「サンポート高松」という愛称がつけられています。
IMG_5862.jpg
遠くからも目立つ「シンボルタワー」。
展望台もあります。
IMG_6621.jpg
堤防の先にある赤い灯台。
ここまで散歩や釣りに来る人も多いようです。
IMG_6629.jpg
高松市街で一番のハイクラス、「全日空ホテルクレメント高松」。
左奥の平たい場所は、屋島。
源平合戦で有名なところです。
IMG_6618.jpg
海に向かって、褐色の石畳が続く。
IMG_7349.jpg
小豆島から到着したフェリー。

IMG_7374.jpg
夜のサンポート。高松市民の散歩コース。