「乗り鉄」タグアーカイブ

ちほく鉄道の旅 ’05 #2

2005年の道東旅から。
この時は、陸別町の小利別(しょうとしべつ)という集落にある宿に泊まりました。

晴れ渡る秋の空。
空気は澄んで冷たいですが、爽やかさも感じます。

宿の様子はこんな。
廃校を転用した、素朴な宿です。

さて、小利別の駅からさらに北上します。
まずは、反対方面に出発していく同宿の人をお見送り。

ちほく高原鉄道
ちほく高原鉄道
この鉄道には、「ふるさと銀河線」という名前にちなんで、名作アニメの「銀河鉄道999」に出てくるメーテルや鉄郎が描かれた車両もあります。
ちほく高原鉄道
人気のない景色の中へと消えていくディーゼルカー。

私も、ほどなくしてやってた列車で、北へと出発。
途中の峠、うなりを上げるエンジン音をBGMに、色づいた黄金色の木々と澄んだ小川が、陽を受けてキラキラ輝いていたのが思い出されます。
(ぼんやりと眺めていたら、写真は撮り忘れました・・。)

ちほく高原鉄道
終点の北見駅に着きました。

以上、いまは廃線となった、ちほく高原鉄道ふるさと銀河線の乗車記でした。

ちほく鉄道の旅 ’05 #1

しばらく出かけていないので、昔の写真から。
もう10年以上前になりますが、2005年秋の道東旅行、ちほく高原鉄道の風景です。

ちほく高原鉄道とは、十勝地方の池田とオホーツク地方の北見とを結ぶ路線。
もともと国鉄地北線だったものを、第三セクターが引き継いで「ちほく高原鉄道 ふるさと銀河線」として運行していたものですが、乗客現象のあおりを受け、2006年4月をもって残念ながら廃止となってしまいました。
そんな、もう見ることはできなくなった、ちほく高原鉄道の思い出です。

ちほく高原鉄道
池田駅にて。
日も暮れかけた駅、駅舎からだいぶ離れた場所にポツンと止まっている、一両のディーゼルカー。
ちほく高原鉄道
沿線には、田園風景が広がります。
ちほく高原鉄道
すっかり暗くなりました。
地域の人たちが、愛情込めて維持しているのが伝わってくる駅舎。
ちほく高原鉄道
陸別駅で、上下線の列車交換。
なかなかしゃれた駅名標です。
ちほく高原鉄道
車内の風景。

今晩は、途中の小利別(しょうとしべつ)の駅近くにある宿に泊まります。