「夏」タグアーカイブ

夏の日南海岸 ’17 #1

JALのマイルが切れそうになったので、「どこかにマイル」というサービスを利用して、週末弾丸旅を敢行。
6000マイルと通常の半分程度のマイル消費で往復可能ながら、行き先は申込時に提示された4箇所から追って決定されるという、ちょっとしたミステリーツアーです。
今回は、帯広、山口宇部、熊本、宮崎という候補地が提示される中で申し込んだところ、数日後に、宮崎という通知がありました。

ということで、数年ぶりの宮崎へ。
ここのところ旅行先の天気に恵まれないことが多かったのですが、今回はばっちり晴れました。
空港でレンタカーを借りて、初日は日南方面に南下します。

nichinan coast
nichinan coast
「サンメッセ日南」にも行ってみました。
高台にあるので、晴れた日は眺望を楽しめます。
nichinan coast
nichinan coast
ここには7体のモアイ像が並んでいますが、なんと、世界で唯一、イースター島の長老会から公認を受けたレプリカなのです。
現地では部族間抗争等でほとんど倒されてしまったそうなのですが、いくつかの像の復興に日本の会社が社会貢献として協力した関係で、ここに公認レプリカが建てられることになったとのこと。
nichinan coast
現地イースター島では海を向いていますが、ここでは海をバックに、陸の方を向いています。
nichinan coast
日南海岸といえば、鬼の洗濯岩。
いたるところで、このような海岸の地形が見られます。

乗り鉄 ’07夏 三江線

2016年9月、ついに、三江線(さんこうせん)の廃止が現実化してしまいました。

三江線は、広島県の内陸部の中心都市である三次(みよし)と、島根県の海岸沿いの江津(ごうつ)を結ぶローカル路線で、ずっと江ノ川(ごうのかわ)という大きな川に沿って走ります。

この路線を完乗したのは、2007年の盆休み。
当時ちゃんと載せていなかったので、今回、個人的さよなら企画として。

このときは、前日に福山に入って投宿。
朝から福塩線で三次に出て、そこから三江線の旅。
1両のワンマン運行ディーゼルカー、定刻10:02、三次を出発です。

三江線
車窓には、ずっと江ノ川が。
三江線
こんな、民家のすぐ側を通っていきます。
三江線
石州瓦とよばれる、赤茶色の瓦屋根が目立ちます。
石州とは、石見(いわみ)の国のことで、いまの島根県の西半分のエリアです。
三江線
12:07、石見川本に到着。
この列車はここで終わり。
次の江津行き列車までは2時間弱あるので、ちょっと街を散歩。
川本町
「悠邑ふるさと会館」という、温水プールなども備えた立派な町営施設がありました。
ここで昼ご飯。

13:54、石見川本を出発。
日本海を目指します。

三江線
車窓の右手には、すっかり川幅の広くなった江ノ川。
三江線
次は、終点の江津です。
14:58、到着しました。

この後は、さらに乗り継いで、鳥取まで。